APR-util 1.6.1(RPM)

提供: あべたけの覚え書き
移動: 案内検索

準備

APR 1.7.0(RPM) のインストール

インストール

  1. ソースの取得
     [root@XXXXX ~]# su - rpmdevel
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ cd src/
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ wget http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/apache/apr/apr-util-1.6.1.tar.bz2


  2. RPMの作成(1回目:失敗)
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ rpmbuild -tb --clean apr-util-1.6.1.tar.bz2


    依存性についてエラーが表示される。

    エラー: ビルド依存性の失敗:
            expat-devel は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています
            db4-devel は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています
            postgresql-devel は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています
            mysql-devel は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています
            sqlite-devel >= 3.0.0 は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています
            unixODBC-devel は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています
            openldap-devel は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています
            nss-devel は apr-util-1.6.1-1.i686 に必要とされています


  3. yumで足りないものをインストールする
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ exit
     [root@XXXXX ~]# yum -y install \
     > expat-devel \
     > libuuid-devel \
     > db4-devel \
     > mysql-devel \
     > sqlite-devel \
     > freetds-devel \
     > unixODBC-devel \
     > openldap-devel \
     > nss-devel


  4. デフォルトのリポジトリに freetds-devel が無いので EPELのリポジトリからインストールする。
    (※EPELのリポジトリ設定については[yumリポジトリにEPELを追加する]を参照。)

     [root@XXXXX ~]# yum --enablerepo=epel install freetds-devel


    PostgreSQL本家のPRMからPostgreSQLをデフォルトでインストールした場合、 バージョンが9以降ではパスが「/usr/pgsql」ではなく「/usr/pgsql-9.X」になっているのでspecファイルを環境に合わせ修正。

     [root@XXXXX ~]# su - rpmdevel
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ cd src/
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ tar jxvf apr-util-1.6.1.tar.bz2
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ vi apr-util-1.6.1/apr-util.spec
     
     ~(略)~
     %build
     %configure --with-apr=%{_prefix} \
            --includedir=%{_includedir}/apr-%{apuver} \
            --with-ldap --without-gdbm \
            --with-sqlite3 --with-pgsql --with-mysql --with-freetds --with-odbc \   ← ここを
            --with-sqlite3 --with-mysql --with-freetds --with-odbc \                  ← こうする
            --with-pgsql=/usr/pgsql-9.3                            \                  ← こうする


  5. 再圧縮
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ tar jcvf apr-util-1.6.1.tar.bz2 apr-util-1.6.1/


  6. RPMの作成(2回目:成功)
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ rpmbuild -tb --clean apr-util-1.6.1.tar.bz2


  7. インストール
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ sudo rpm -Uvh /home/rpmdevel/rpm/RPMS/i686/apr-util-1.6.1-1.i686.rpm
     [rpmdevel@XXXXX ~]$ sudo rpm -Uvh /home/rpmdevel/rpm/RPMS/i686/apr-util-devel-1.6.1-1.i686.rpm