CentOS yum

提供: あべたけの覚え書き
移動: 案内検索

コマンド一覧

参考サイト:@IT - Linux Square > Linux Tips Index > yumコマンドでよく利用するコマンド

コマンド 概要
check-update アップデート可能なパッケージの一覧を表示
clean ダウンロードしたパッケージと古いヘッダを削除する。clean allと同じ
clean oldheaders 古いヘッダを削除
clean packages ダウンロードしたパッケージを削除
info 利用可能なパッケージの情報を表示
info パッケージ名 指定したパッケージの情報を表示
install パッケージ名 指定したパッケージをインストール
list 利用可能なパッケージの一覧を表示
list installed インストール済みのパッケージ一覧を表示
list updates アップデート可能なパッケージの一覧を表示
provides パッケージ名 パッケージに含まれるファイルの一覧を表示
remove パッケージ名 指定したパッケージをアンインストールする。指定したパッケージと依存関係があるパッケージは、削除するかどうか確認を求める
search キーワード キーワードでパッケージを検索する。検索の対象は、RPMファイルのName、Packager、Dummary、Descriptionの各フィールド
update アップデート可能な全パッケージをアップデート
update パッケージ名 指定したパッケージをアップデート


[centosplus]リポジトリの追加

[root@XXXXX ~]# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[centosplus]
enabled=0enabled=1


yumの対象から除外する

[root@XXXXX ~]# vi /etc/yum.conf
exclude=パッケージ名

ワイルドカード(*)も使用可。searchでも検索されなくなる。
複数の場合は(,)で区切る

exclude=apr,apr-util,httpd*,subversion*


yumの参照先リポジトリを理研にする

[root@XXXXX ~]# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
 
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
 
 #released updates
[update]
name=CentOS-$releasever - Updates
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
 
 #packages used/produced in the build but not released
[addons]
name=CentOS-$releasever - Addons
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/caos/centos/$releasever/addons/$basearch/
gpgcheck=1


yumリポジトリにEPELを追加する

(※EPEL:Extra Packages for Enterprise Linux repository configuration)

  1. 以下のコマンドを実行してEPELのリポジトリ設定パッケージのダウンロードを行う。 (EPELのバージョン6のダウンロードページ
    [root@XXXXX~]# wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm


  2. EPELのリポジトリのインストール 以下のコマンドを実行し、EPELのリポジトリ設定パッケージのインストールを行う。
    [root@XXXXX~]# rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm

    yumコマンド実行時、EPELのリポジトリを使用したい時に限り明示的に指定するようにしたい為、インストールされたEPELのリポジトリの設定ファイルを編集する。

    [root@XXXXX~]# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
     
    [epel]
    ~(略)~
    enabled=1
     ↓変更
    enabled=0

yumコマンドの実行時にEPELのリポジトリを使用するには、明示的にオプション「--enablerepo=epel」を付けて実行する。